Trillium 株式会社、米国の車載機器向けサイバーセキュリティ専門家集団、CanBusHack社の買収を発表

ラスベガス-DEF CON, 2017年7月31日 – (JCN Newswire) – Trillium 株式会社は、Trillium社にとって初めての戦略的買収としてCanBusHack社の全資産であるサイバーセキュリティ・コンサルティング事業、ペネレーション・テスト事業、リバース・エンジニアリング技術およびカーハッキング・トレーニング事業の買収を発表しました。これをきっかけとしてTrillium社は今後も製品ポートフォリオを拡大し、コンサルティングおよびペネトレーションテストなどの専門的な技能の強化を図っていきます。

2010年に設立されたCanBusHack社は、世界で最初の車載機器向けサイバーセキュリティ・コンサルティングおよびペネトレーションテスト会社です。世界の大手自動車会社およびTier1を顧客として、幅広いプロジェクトを成功させ、この分野におけるリーダーとして広く認知されています。

Trillium社は、2017年7月27日から30日にネバダ州ラスベガスで開催された世界最高のハッカーたちが集合する世界最大のハッキングイベント「DEF CON」に参加し、Car Hacking Villageにおいて、同社のBrainBOXおよびSecureCARのハッキングコンテストを行いました。日本からも大手自動車会社およびTier1のエグゼクティブやエンジニアが多数参加しています。詳細はhttps://www.carhackingvillage.com/をご覧ください。

Trillium 株式会社の代表取締役社長 ディビッド M. ユーゼは次のように述べています。「CanBusHack社の専門技術であるペネトレーションテスト事業をTrillium社に取り込むことにより、サイバー攻撃を防ぐためのツールやシステムを提供するだけでなく、商用システムを市場に公開する前に、早期にネットワークの脆弱性を発見、軽減することが可能になりました。CanBusHack社の洗練された “レッド(攻撃)チーム” とTrillium社の高度な “ブルー(防御)チーム” のコンビネーションによって、今までにない車載機器向けサイバーセキュリティ・システムの開発環境を提供していきます」

買収の結果、CanBusHack社の創設者であるロバート リール氏はTrillium社のグローバルコンサルティング実務責任者として車載機器向けサイバーセキュリティ製品開発に深く関わり、サイバーセキュリティ・コンサルティングとペネトレーションテスト事業分野を牽引していきます。リール氏と彼のチームは、Trillium社の自動車およびIoT関連の顧客と積極的に協力し、ソフトウェアに内在する脆弱性を攻撃する、いわゆる「ゼロデイ」の悪用を防止し、Trillium社の顧客に対しサイバーセキュリティ分野において最も安全な環境を提供します。「Trillium社のワールドワイドなチームに参画し、同社の車載機器向けサイバーセキュリティ・コンサルティングおよびペネトレーションテスティング分野において世界的リーダーへ向けた貢献ができることに大きな喜びを感じています」とリール氏は述べています。

Trillium 株式会社 概要:

Trillium 株式会社は、2014年に日本、米国、欧州における車載機器向けネットワーク、サイバーセキュリティ、組込みシステムおよびIoT分野において豊富な経験を持つエグゼクティブおよびエンジニアによって設立され、現在、東京に本拠を置くリード・インベスターのグローバル・ブレイン株式会社らの投資を受けています。

Trillium社の製品とサービスは、世界中のサイバー攻撃から自動車やIoT接続機器を安全に守るためのソフトウェアベースのサイバーセキュリティ・ソリューションです。近未来の自動車需要に焦点を当て、顧客ニーズに合わせたSecureCAR、SecureIXS、SecureOTAなどの多重層のサイバーセキュリティ・システムとデータマイニング機能を提供しています。

代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ
所在地:東京都渋谷区恵比寿3丁目21番地2号
設立:2014年7月

問い合わせ先
EMAIL: pr@trillium.co.jp
URL: http://www.trillium.co.jp

CanBusHack社 概要

CanBusHack社は2010年にミシガン州のオリオンで設立され、車載組込型制御機器のシステムの評価、脆弱性の確認に重点を置き、それらのハードウェアとソフトウェアに対し経験豊富なスキルを持つ専門家によって構成されています。2011年開催の「Black Hat/DEF CON」から毎年、自動車ハッキングの講座を開催。米国に加えて欧州などでも開催し、受講者数は1000人に達します。詳細については、http://canbushack.comをご覧ください。 

トピック: Merger & Acquisition
セクター: ElectronicsSecurity/BiometricsAutomotiveEngineeringVenture CapitalDigital
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network 

Copyright © 2017 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

trillium_blk_noshade-less-triangle

TrilliumのSecureSKYE、「自動車事故のリスクを最小限にする」概念から「事前に事故を防ぐ」へ

自動車保険業界の常識を大きく覆す

LAS VEGAS, NV, July 24, 2017 – (JCN Newswire) – 自動車向けIoTおよびサイバーセキュリティソリューションのプロバイダーであるTrillium株式会社は、輸送マーケット向けのデータマイニングおよび分析ソリューションとして車載機向けIoTプラットフォームSecureSKYEをリリースし、大量なデータに対して新しい切り口を開き、保険業界向けに今までにない収益モデルを提供します。

SecureSKYEは、車輛及びドライバーの包括的かつ動的に更新されるプロファイルを作成します。このプラットフォームのデータマイニング、分析機能を使うことで、例えば「位置情報に基づく緊急サービス」、「利用料に応じて課金する保険」、「サイバーセキュリティサービス」、「科学捜査への応用」、そして故障などを事前にお知らせする「予測型車両メンテナンスサービス」などの「安心と安全」のサービス提供を可能にします。

Trillium 株式会社の代表取締役社長 ディビッド M. ユーゼは次のように述べています。「車載のテレマティック・コントロール・ユニット(TCU)は新しいものではありません。しかし大量のデータを安全に保ちながら収集できるようになるということは、既存の保険会社、安全保障会社、自動車メーカー、ワイヤレス通信事業者に絶好の機会をもたらします」

SecureSKYEは、ユーザーのプライバシー保護を最優先にデータを管理します。分析結果はカスタマイズ可能なため、お客様のそれぞれのニーズに合わせたデータを抽出することが出来ます。SecureSKYEは、保険会社がこれから直面する自動運転車やコネクティッドカーへの巨大な保険市場に対して高い収益性と新たなサービスおよびアプリケーションを提供します。

ユーゼは続けて述べます。「現在、IoTのデータ収集と活用の市場は未成熟です。自動運転車が台頭してくる世の中において、自動車保険は『事故のリスクを最小限にするもの』から『事前に事故を防ぐもの』に変わり、保険会社、自動車メーカー、ドライバーにとって『win-win-win』の環境を創る必要に迫られています。Trilliumはそのためのバックボーンを提供します」。

TrilliumはSecureSKYEをブロックチェーンでもクラウドベースでも実装可能なプラットフォームとして、既に日本顧客に提供しております。

Trilliumは世界有数の情報セキュリティイベントであるBlack Hatに参加します。今年のBlack Hat USA 2017はネバダ州ラスベガスのMandalay Bay にて4日間の技術トレーニング(7月22-25日)で始まり、続けて2日間のカンファレンス(7月26-27日)を行います。是非Trilliumにご連絡ください。

Trillium 株式会社 概要

Trillium 株式会社は、2014年に日本、米国、欧州での経験豊富なエグゼクティブおよびエンジニアによって設立され、現在、東京に本拠地を置くリード・インベスター、グローバル・ブレイン株式会社らの投資を受けております。Trillium の製品とサービスは、世界中のサイバー攻撃から自動車やIoT接続機器を安全に守るためのソフトウェアベースのサイバーセキュリティ・ソリューションです。近未来の自動車需要に焦点を当て、顧客ニーズに合わせた多重層のサイバーセキュリティ・システムを提供しています。そしてこの技術は自動車のみならずIoT分野全体に適応が可能な技術となっています。

代表取締役:ディビッド M. ユーゼ
所在地:東京都渋谷区恵比寿3丁目21番地2号
設立:2014年7月

問合せ先
EMAIL: pr@trillium.co.jp
URL: http://www.trillium.co.jp 

trillium_blk_noshade-less-triangle

TRILLIUM 株式会社がガートナーの「Cool Vendor」2017に選ばれる

米ITアドバイザリ企業ガートナーは、サービスプロバイダー業界のセキュリティ技術におけるCool Vendor 2017として、革新的なアイデアを持つTrillium株式会社を選出しました

TOKYO, Jun, 23 2017 – (JCN Newswire) – IOT・車載における多重層サイバーセキュリティソリューションのリーディングプロバイダであるTrillium 株式会社はガートナー社のRuggero Contu、Lawerence Pingree、Deborah KishおよびDale Gardnerによって、本日付の「Cool Vendors in Security for Technology and Service Providers, 2017」の報告において「Cool Vendors」の一社として選出されました。(公開日:2017年5月4日)

Trillium 株式会社の代表取締役社長 ディビッド M. ユーゼは次のように述べています。「ガートナーのCool Vendor 2017に選定され、本レポートに掲載いただいたことをこの上ない栄誉だと感じています。Trillium は顧客ニーズに合わせた多重層のサイバーセキュリティ・システムプロバイダーとして自動運転車が走行中に直面するハッキングの脅威を回避するミッションを掲げています。それが認められた結果であるといえます。」

ガートナーの Cool Vendorは、今までの思想や認識、価値観を劇的に変化させるような可能性やチャンスを秘めた企業を発掘することを目的としています。

革新的なセキュリティソリューション・プロバイダと提携しようとしているすべてのテクノロジおよびサービスプロバイダにとって、このCool Vendorsに記載されているTrillium の情報は価値があると考えます。

免責事項:
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

Trillium 株式会社 概要:
Trillium 株式会社は、2014年に日本、米国、欧州での経験豊富なエグゼクティブおよびエンジニアによって設立されました。
近未来の自動車需要に焦点を当て、顧客ニーズに合わせた多重層のサイバーセキュリティ・システムを提供しています。そしてこの技術は自動車のみならずIOT分野全体に適応が可能な技術となっています。

Trillium の製品とサービスは、東京に本拠地を置くリード・インベスター、グローバル・ブレイン株式会社らの投資を受け、世界中のサイバー攻撃から自動車やIOT接続デバイスを安全に守るためのソフトウェアベースの多重層サイバーセキュリティ・ソリューションです。

代表取締役:ディビッド M. ユーゼ
所 在 地:東京都渋谷区恵比寿3丁目21番地2号
設 立:2014年7月

問合せ先
EMAIL: PR@TRILLIUM.CO.JP
U R L: HTTP://WWW.TRILLIUM.CO.JP

trillium_blk_noshade-less-triangle
Trillium社、自動運転車からのサイバー脅威を一掃
シリーズA資金調達完了: 加速し続ける自動車サイバーセキュリティ・スタートアップ
ミッション: 自動運転車が安心して走れる世の中へ

TOKYO, Feb, 16 2017 – (JCN Newswire) – 東京を活動拠点とするTrillium(トリリウム)株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:ディビッド マイケル ユーゼ)は先日、シリーズAの資金調達をリード・インベスターのグローバル・ブレイン株式会社、みずほキャピタル株式会社そしてDBJキャピタル株式会社の3社により完了しました。

Trillium株式会社 代表取締役のディビッド ユーゼは述べています。
「ハイテクに精通し、アジアおいてトップクラスの投資会社から支援をいただけたことを大変誇りに思います。深刻なハッキング事件が一つ起これば、自動運転技術開発の進捗を即座に止めることにつながります。このため自動車業界全体におけるサイバーセキュリティ分野の技術発展は世界的に急を要する事態です。今回出資いただいた3社がTrilliumに期待していることはサイバーセキュリティ技術の開発と発展を早急に進め、ハッキングに対する世界的な脅威を最小限に抑えることです。私たちはその期待に十分に沿うための準備があります。

Trilliumのソフトウェアソリューションは堅牢で包括的かつ費用対効果に優れています。任意のアーキテクチャまたはOS(オペレーティングシステム)と互換性があるソフトウェアベースのアプローチにより、車内の3つの主要なサイバーリスクの考えられるエリアをすべて安全に保護することを可能にしました。また、まだ大部分が開発段階ではありますが、このソリューションは競合企業の製品と比較しても、わずか10分の1以下のコストで実装することが可能です。

一方で、Trilliumの多重層ソリューションはかなり開発が進んでいる段階にあります。日本のスーパーGTレーシングの老舗チームと大手自動車半導体メーカーとのパートナーシップにより、実車実装実験テストフェーズに移行しました。現在Trilliumは幅広い自動車メーカーおよびTier1サプライヤーとの協議を進めており、彼らと共に実車に実装する準備を整えています。今回の資金調達により、下記に示した多角的な分野において迅速かつ慎重な開発を進めていきます。」

• 自動車向けIoTサイバーセキュリティプラットフォーム(「SecureCAR」および「SecureIoT」)の早急な開発推進と展開
• 現行モデルのコネクテッド・カーに対するサイバーセキュリティソリューションの車載実装とテストの拡張
• シリコンバレー事業の拡大
• 米国ミシガンにおける侵入テストおよびエンジニアリング拠点の確立

ユーゼはさらに続けます。「Trilliumのソリューションには、3つの頑強でユニークな特徴があります。一つは、競合企業が単一のファイアウォールを提供していることに対し、Trilliumは多重層なセキュリティソリューションを提供できる点です。二つめは自動車メーカーまたは保険会社が自動車の所有者に販売するリアルタイム更新プラットフォームを通じて、セキュリティ・アズ・ア・サービス(SaaS)を提供し、車載のセキュリティーレベルを常にアップデートする点です。 こちらのソリューションは2018年初頭にはβ版をリリース、2020年には商用化を計画しています。三つめは、Trilliumの特徴であるソフトウェア中心のアプローチは、コストを抑えるというメリットにとどまらず自動車メーカーがSaaSモデルに移行することにより固定費から収益を生み出すことを可能にする点です。」

今回の資金調達にあたり、出資いただいた三社からTrilliumに対し下記のコメントをいただきました。

「Trilliumのソリューションは頑強なセキュリティ、普遍性、低コストという3つの重要な基準を満たしています。これらの技術を柱に、Trilliumが大きな成功を収めることを期待しています」(グローバル・ブレイン株式会社 代表取締役 百合本安彦)

「今後、急速な進展が予想されるコネクテッド・カーやIoTの分野で、Trillium社の数あるサイバーセキュリティ技術は、そのスピードと様々な変化に対応できるものと大いに期待しています。」(みずほキャピタル株式会社 代表取締役社長 齊藤肇)

「コネクテッド・カーの増加により自動車のサイバーキュリティーニーズが高まる中で、Trillium社は世界規模で開発を加速させており、大きく成長していくと期待しています。当社グループとしても全面的に支援を行っていきます。」(DBJキャピタル株式会社 代表取締役 鹿島文行)

Trillium株式会社は、2014年に日本、米国、欧州での経験豊富なエグゼクティブおよびエンジニアによって設立されました。
近未来の自動車需要に焦点を当て、顧客ニーズに合わせた多重層のサイバーセキュリティ・システムを提供しています。そしてこの技術は自動車のみならずIoT分野全体に適応が可能な技術となっています。

■Trillium株式会社(Trillium Inc.) 概要 ( http://www.trillium.co.jp/ )

代表取締役:ディビッド マイケル ユーゼ
所 在 地:愛知県名古屋市守山区大森八龍1丁目208番地
設 立:2014年7月

担 当: 入江 美紀 コーポレート コミュニケーションズ ディレクター
Email: pr@trillium.co.jp
U R L: http://www.trillium.co.jp/

trillium_blk_noshade-less-triangle

サイバーセキュリティー スタートアップ Trillium社がForbes JAPAN「RISING STAR Award 2017」にて1位を受賞
Trillium社のCEO ユーゼ氏、「日本発のイノベーター企業」を目指す

TOKYO, Nov 21, 2016 – (JCN Newswire) – Trillium(トリリウム)株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:ディビッド マイケル ユーゼ)は、フォーブス・ジャパン*が企画した、「RISING STAR Award 2017」にて1位を受賞いたしましたのでお知らせいたします。

「RISING STAR Award 2017」は、日本経済を牽引する起業家を応援するというコンセプトのもと「日本の起業家ランキング」の新たな取り組みとして、創業3年以内を条件に若きスタートアップを発掘するために企画されたものです。応募総数は76社、その後一般投票と編集部審査を通過して、今回1位の受賞となりました。

代表取締役のディビッド マイケル ユーゼは次のように述べています。「Trillium社は日本発のイノベーター企業だ。自動車業界にとってサイバーセキュリティー対策は緊急を要する課題であり、包括的なソリューションは電子化の上に成り立っている排出ガス、安全支援、自動運転、運転ダイナミクス、インフォテインメントなどへの影響が非常に大きい。多重層における対応が必要なサイバー攻撃の脅威から、一つが破られた時点で破壊的なダメージを被る可能性があるため、待った無しの状態だ。業界は現在対策に乗り出しているが、まだ画期的な解決策は見えていないように思う。しかしながらTrilliumは準備をしている。」

Trillium社の日本発のソリューションのほとんどはまだ開発中ではありますが、完全なソフトウェアベースであり車載におけるサイバー攻撃を受けうるドメインに対して各車両の既存のアーキテクチャ及びファームウェアへとの互換性を保持します。さらに単なる堅牢で包括的である以上に競合するハードウェアベースのソリューションよりも1/20ほどのコストで実装可能となります。

「現在、Trillium社の多重層のソリューションは高度なステージに入っている」とユーゼは言います。「有名なスーパーGTレーシングチーム、そして車載に強い大手半導体メーカーとのパートナーシップを通じて実車実装実験の段階に差し掛かり、幅広い自動車メーカーやTier1サプライヤーとの協議を着実に進めている」

日本での生活が25年以上になるユーゼの願いはTrilliumを通じて日本に貢献すること。「自動車やエレクトロニクス産業は日本の繁栄を支える基盤である。Trilliumのサイバー・セキュリティーソリューションで日本の経済成長を促す一役を担えると思っている。最後に、フォーブス・ジャパンがTrillium社を発掘・評価をしてくれたことを大変感謝している。」

代表ユーゼのインタビューおよび、授賞式の様子は11月25日発売予定のフォーブス・ジャパン2017年1月号に掲載される予定です。

Trillium株式会社(Trillium Inc.)概要 ( http://www.trillium.co.jp/ )

代表取締役:ディビッド マイケル ユーゼ
所在地:愛知県名古屋市守山区大森八龍1丁目208番地
設立:2014年7月
日本・欧州・米国での経験を持つエグゼクティブとエンジニアリングチームで構成され、東京を拠点とするベンチャーキャピタル、グローバル・ブレイン株式会社*からのリード投資を受ける。

【お問合せ先】
担当: 入江 美紀 コーポレート コミュニケーションズ ディレクター
Email: pr@trillium.co.jp
U R L: http://www.trillium.co.jp/

trillium_blk_noshade-less-triangle

サイバーセキュリティソリューションを提供するTrillium社、NXPセミコンダクターズ社と自動車のセキリュティ分野で共同研究を開始

MUNICH, Nov 16, 2016 – (JCN Newswire) – Trillium(トリリウム)株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:ディビッド マイケル ユーゼ)は、自動車向け半導体サプライヤーのリーディングカンパニーであるNXPセミコンダクターズ社と次世代自動車のサイバーセキュリティの実用化に向けて、共同研究を開始することを発表します。同日、ドイツ・ミュンヘン市で開催中の自動車向けセキュリティに特化したカンファレンス「ESCAR Europe」にて発表されました。

Trillium社は自動車へのサイバー攻撃から守る、自動車の車内ネットワークを対象にした暗号化・認証セキュリティソフトウェアソリューション「SecureCAR」の開発に取り組んできました。今回の共同研究では、NXPセミコンダクターズ社が提供している次世代チップS32K MCU※を用いた実車実装実験と通して、「SecureCAR」のセキュリティパフォーマンスの実証・改良を行います。

最初の実験では、S32K MCU上で「SecureCAR」のソフトウェアのパフォーマンスを実証します。その後NXPのスマートセキュアトランシーバまで範囲を拡大し、世界でも高い安全基準を持つ日本の完成車メーカの要求を満たすソリューションまで研究・開発をすすめ、最終的に自動車セキュリティ市場の要求を満たす、ハードウェアとソフトウェアのセキュリティソリューションを統合した包括的なセキュリティサービスの提供を目指します。

NXP Semiconductorsの汎用オートモーティブMCU製品担当バイス・プレジデントおよびゼネラル・マネージャー、Manuel Alves氏は次のように述べています。「NXP社とTrillium社の協調的な取り組みは自動車向けサイバーセキュリティにおいて両社のリーダーシップを確実なものとしていきます。Trillium社のSecureCARがNXPのハードウェアベースのセキュリティソリューションと相まって堅牢なセキュリティソリューションを提供することが可能となります。」

Trillium社 代表取締役 ディビッド マイケル ユーゼは次のように述べています。「今回の共同研究は自動車業界にとっても重要なステップとなります。コネクテッドカーは安全と様々な環境に配慮しなければなりませんが、そこにはサイバーセキュリティの存在が必要不可欠で、今回の研究を通じてリスクを極限まで減少させ量産につながる一歩にしたいと思っています。」

■SecureCARについて
Trilliumの「SecureCAR」は、認証、暗号化、復号、ダイナミック・キー・ロック・ペアリング(対称セッション鍵交換管理)、および車両ネットワーク・ペイロードを安全に保護するための非対称マスター・キー生成において特許出願中です。

■S32Kについて
S32Kは、他の革新的なセキュリティ機能の中でも重要なストレージのための真の乱数ジェネレータと安全なフラッシュを含むCryptographic Services Engine(CSE)を提供します。S32Kと「SecureCAR」を組み合わせたソフトウェアソリューションは、車載ネットワークのセキュリティ負担を軽減することで、リアルタイムのセキュアなアプリケーションを実現しますが、 最適化されたアプローチでは、従来の標準アプローチの3分の1の帯域幅しか必要としません。

※MCU(Micro Controller Unit):一つの集積回路にコンピュータシステムをまとめた、組み込み用のマイクロプロセッサ
※NXP S32K MCU: http://bit.ly/2fXImuO

■Trillium株式会社(Trillium Inc.) 概要 ( http://www.trillium.co.jp/ )

代表取締役:ディビッド マイケル ユーゼ
所 在 地:愛知県名古屋市守山区大森八龍1丁目208番地
設 立:2014年7月

担当: 入江 美紀 コーポレート コミュニケーションズ ディレクター
Email: pr@trillium.co.jp
U R L: http://www.trillium.co.jp/

CONTACT US

お問い合わせはこちら